分断された業務システムをSalesforceとAWS,Questetra BPM Suiteでクラウド連携
株式会社ヒガシトゥエンティワン様 介護レンタル事業部

背景

お客様の現状と課題

  • 株式会社ヒガシトゥエンティワン様における介護レンタル事業は同社においては新しい事業分野であり、近年急速に業務量が拡大している事業として著しい成長を示しています。
  • 運送業としての成り立ちを持つ同社は倉庫業務及び輸送業務を中心にシステムの最適化が行われており、介護レンタル事業については事業開始当初は業務規模も小さく、拠点ごとのローカルで利用可能なパッケージソフトによるシステム構築を行っていました。
  • 旧システムでは拠点ごとに1システム1データベースとして業務を管理しており、事業部として統一されたマスタの管理や顧客データの一元管理や、基幹の経理システムへのデータ連携ができていなかったため、月次業務処理の際に多大な作業負荷がかかっていました。
  • 新規に拠点を開設する際にも拠点ごとに個別にシステムの初期設定が必要で、容易にシステム構築ができないため、拠点の追加に影響が出始めていました。
  • 次第に業務規模が大きくなる過程において、システムの運用負荷が高まり、基幹システムへのデータ入力も人手によって行われていたため、これ以上の業務量の増大に対してシステムの刷新が必要と判断するに至りました。
課題と解決

サービス概要・特長

【サービス概要】

分断された業務システムをSalesforceとAWS,Questetra BPM Suiteでクラウド連携したシステムに再構築。

サービス概要

成果

導入効果

  • 在庫管理をシステム化できたことにより商品管理については部品毎の単品管理が行えるようになったことで、在庫管理を精緻化でき、実際に受注(出荷)可能な在庫数がリアルタイムに把握できるようになったことでユーザーサービスの向上につなげることができました。
  • 販売代理店様からの注文情報に対してほぼリアルタイムで配車確認までを行え、納期を正確に伝えられるようになりました。
  • 未完了の作業や、データ入力の不足に対しては、一定時間の経過後に担当者に対してアラートが発信されるようになっており、作業漏れやミスが発生しない仕組みを構築しており、進捗が可視化され業務品質が全般的に向上しました。
  • 今回のシステム構築に於いて倉庫管理業務もシステム化されたことにより、HTを利用した入出荷処理のリアルタイム化や正確な在庫数の把握ができるようになり、レンタル業務における機会損失を最小限にとどめることができるようになりました。
  • 事業拡張による拠点の増設については、ほぼすべての業務システムをクラウド上に構築したことで、拡張が容易で拠点展開もスピーディに行うことが可能となりました。
  • 従来は手入力により売上伝票を処理しておりましたが、注文の受付から出荷・請求までのほぼすべての業務がシステム化により作業に伴ってデータが自動的に入力されるため、手入力による処理が激減しました。

お客様の声

  • AWSにはスクラッチのシステムを、Salesforceには計上管理機能をと複数のクラウドを連動させるシステム構成にも関わらず、各クラウドのプロフェッショナルを配置いただき、安心して開発をお願いすることができました。
  • 通常であれば複数の開発会社に共同で開発頂く内容でしたが、1社にまとめてお願いできたためコストの圧縮、情報共有のシンプル化など開発が行いやすい環境を構築することができました。
  • 旧システムがAccessベースの古いシステムであったにも関わらず、丁寧に分析いただきました。また、複雑化した独自の値引き体制や、同業界特有の非課税計算等ロジック解析が複雑であったにも関わらず、ミスなくご対応頂けました。
  • 旧システムは本ビジネスの開業当時から使っていたものであり、マスタ等のデータの不整合や、ツギハギ的機能追加によるブラックボックス化が発生していましたが、リニューアルを機に一気に清浄化を行うことでき、今後のビジネスの拡大に摩擦が生まれにくいシステム化を実現できました。

〈〈 お客様のプロフィール 〉〉

会社名:株式会社ヒガシトゥエンティワン
業種:運送業
従業員数:455名(平成28年4月1日現在)
資本金:9億27百万円(平成28年3月期)
売上高:181億37百万円(平成28年3月期)
本社所在地:大阪府

Copyright