サービス&ソリューション

HOME > サービス&ソリューション > IoTプラットフォーム

IoTプラットフォーム

自律型ワイヤレスネットワークなどのIoT 技術と機械学習技術を活用してデータ収集・処理・提供することにより、地域・介護施設・医療機関・行政や企業などに見守り支援などソリューションをご提供いたします。将来的には、ここで培ったノウハウにより社会貢献事業に展開する計画です。

地域自律型ウェルネスプラットフォーム

IoT・自律型ネットワーク基盤である「地域自律型ウェルネスプラットフォーム」(名称:ヴァイタルネット)を開発しました。ハイブリッド型の無線ネットワークでセンサーのデータを収集し、サーバーで分析・データ処理を行い、アプリケーションで閲覧・利用します。導入事例として、地域健康支援への活用、介護施設向け行動監視支援への活用をご紹介いたします。

複合ネットワークによるデータ収集・処理・提供プラットフォーム


ウェルネスプラットフォーム概要

  • 特定小電力920MHz帯、 Bluetooth4.0(BLE)、Wi-Fiで構成される基地局ネットワークにより、数百~1km圏 の動態管理ができるインフラを構築。
  • 端末には加速度センサーのほか、温度、気圧、地磁気センサーを搭載することでさまざまな活動情報の取得可能。
  • 取得されたデータは機械学習を活用した独自ロジックにより活動量、歩数、距離などを分析・可視化。ブラウザやスマートフォンアプリで対象の動向を捕捉。

ヴァイタルネット 健康生活見える化

ヴァイタルネット 居場所見える化

導入事例

製品販売

メディアでの紹介実績

2018.03.03
産経新聞(大阪版)に当社の「IoT」技術を活用した大阪堺市泉北ニュータウンでの高齢者健康支援の事例が取り上げられました。
2018.02.19
読売テレビのニュース番組「かんさい情報ネットten.」で当社の「IoT」技術を用いたウェルネス分野への取組みが取り上げられました。
2018.01.29
奈良県立医科大学が取り組まれている、医学を基礎とするまちづくり、MBT(Medicine-Based Town)構想に、当社はIoTの技術で参加しています。
日本経済新聞掲載pdf資料はこちら
2018.01.22
テレビ大阪のニュース番組「ニュースリアル」で当社の「IoT」技術を用いたウェルネス分野への取組みが取り上げられました。
IoTで「日常生活の活動量の見える化」を実現しています。 IoTで自動計測された「活動データ」に基づいて「健康指導」と「見守り」もできることを取材されました。
本件は、堺市産学公連携事業に採択され、大阪府堺市泉北ニュータウン内における健康支援の実証実験です。
2017.12.06
日本経済新聞に当社のIoT技術を活用した大阪堺市泉北ニュータウンでの高齢者健康支援の事例が取り上げられました。
2016.03.02
「認知症事故 最高裁判決」を受けて関西テレビの番組で特集コーナーがあり当社機器が紹介されました。
2016.02.25
読売新聞大阪本社版(関西地区、中国地区、四国地区)で、大阪市立大学と共同開発しているワイヤレスネットワークを高齢者見守りに適用した事例について取り上げられました。
2015.12.22
日刊工業新聞の「広がる 大学⇔中堅・中小連携」シリーズで、大阪市立大学と共同開発しているワイヤレスネットワークを高齢者見守りに適用した事例について取り上げられました。
2015.10.19
大阪市立大学と共同開発した、地域自律型ワイヤレスネットワークを、高齢者見守りに適用した事例についてプレスリリースされました。 PDF資料はこちら

お問い合わせ

本サイト内のお問い合わせフォームか、下記連絡先からお気軽にご連絡ください。

<ヴァイタル・インフォメーション株式会社  IoT関連営業担当まで>
東京オフィス  TEL:03-3354-6711
大阪オフィス  TEL:06-6261-1888

上に戻る