IoTプラットフォームを使ったウェルネス分野事例
地域健康支援

背景

【お客様】

高齢者向け体操教室(月に1~2回、高齢者を対象に簡単な体操教室を開催。)

【現状と課題】

参加者1人1人の体力や体調がわからず、均一なプログラムになっている。

  • 普段の生活リズムや行動量に併せた運動プログラム。
  • 持病や普段の行動量に応じて指導できれば、参加者の継続性も高まり教室の維持につながる。

ご提案

体操会場に基地局を配備し、参加者には送信機を配布。
普段の活動量を計測してもらい、そのデータを元に適切なプログラムを指導。

サービス概要

今後

年齢や男女別、活動量数値などに応じた運動プログラム作成を検討中。
参加者の増加と、教室の規模拡大につなげる。


Copyright