タブレットによるピッキングシステム開発
倉庫業 富士倉庫株式会社様

背景

横浜を拠点に、定温倉庫やトランクルーム事業で事業拡大されている富士倉庫様では、日々の出荷作業で下記の問題を抱えておりました。

お客様が抱えていた課題

  • 顧客の出荷依頼にしたがい、倉庫から商品をピックアップし出荷するのが日次業務のひとつだが、倉庫と事務所が離れているため、出荷依頼書の確認のたびに倉庫 ⇔ 事務所間を往復しなければならず、移動による時間損失がある。多い時には日に10回もの移動が発生し、たびたび庫内作業を中断せねばならない。
  • 顧客からの追加依頼・指示にも時間差があり、依頼に対して即応できない。
  • 到着便に瑕疵があった場合、デジタルカメラで写真撮影しPCに取り込み顧客への報告を行っているが、出荷作業に追われ後日対応になることが多い。

サービス概要・特長

【サービス概要】

倉庫と事務所間の連絡手段として、タブレットによる出荷内容の確認と作業進捗管理が行えるシステムを提案しました。富士倉庫様の基幹システムではすでに顧客からの入出荷依頼を入力処理されていたので、そのデータをタブレット側でも表示し、ピッキング作業が行えるアプリケーションの設計と実装を行いました。

動画によるシステム説明と、実機操作イメージ



【特長】

  • 出荷指示の追加・変更が倉庫内ですぐに確認
    事務所で入力された出荷指示・変更依頼がタブレット側でも確認できるよう、クラウドを経由してデータ送受信・表示を行うシステムを設計・製造いたしました。
  • 商品を写真で表示・管理
    タブレットの標準機能を利用し、顧客から預かっている商品画像を撮影/保存/確認できるプログラムを実装しました。
  • 庫内からダイレクトに顧客へ連絡
    商品に関する情報(完了連絡、瑕疵報告、長期滞留など)を、メール等により倉庫内から即座に顧客へ連絡することが可能になりました。

タブレットピッキングシステムの構成

成果

  • 事務所 ⇔ 倉庫間の移動が減少。庫内作業に集中
    事務所に戻り出荷依頼を確認する必要がなくなったため、作業中の移動時間が減少。これにより庫内の入出荷作業に注力できる時間が増え、より精度の高い作業が行えるようになりました。
  • 画像で確認することで、誤ピッキングを抑制
    商品をコードや品名ではなく画像で確認することで、熟練度の低い倉庫担当者でも商品を間違えずにピックアップすることができるようになり、作業ミスを軽減することができました。
  • 顧客への即応体制が確立。顧客満足度の向上
    荷姿・梱包状況などを撮影して顧客に伝えることで、商品への対応がより迅速に行え、顧客満足の獲得につながりました。さらに、空いた時間でメールチェック、スケジュール確認が行え、事務所に戻る時間をより削減できるようになりました。

※倉庫業、流通業のお客様へ

上記、タブレットピッキングシステムの出張デモを行っております。
お気軽に問い合わせ窓口からご連絡ください。


Copyright