IT資産管理システム開発・保守
大手総合メーカー P株式会社様
IT資産管理システム導入・開発・保守

背景

複雑・大規模化するIT資産管理-背景にあるのは「コンプライアンス遵守」と「低コスト化」
 世界経済の潮流を受け、今後ますます加速する企業のグローバリゼーションと、組織の大規模合理化。
 それに伴い、企業活動を支えるハードウエア/ソフトウエアといったIT資産管理も同様に、大規模・複雑化の一途を
 たどっています。
 一方で、企業は全グループが保有する膨大なIT資産の実態を把握し、適切な是正措置を行い、
 コンプライアンス遵守に備える必要があります。もちろん、管理者の負担=コストを抑える事が大前提です。
 こうした前提を踏まえ、全体最適化を念頭において生み出したシステム - それが「IT資産管理システム」です。

サービス概要・特長

【サービス概要】

システム構想段階からプロジェクトに参画。現在は、グループ関連会社へのシステム導入コンサルティング、開発/維持改善、運用 まで一手に行っています。その中で「正確性」「生産性」「迅速性」「信頼性」にポイントを絞ってサービスを提供しました。

【特長】

  • 導入チームの「正確性」 - 立ち上げ/計画プロセス
    『IT資産管理システムを導入したい』 - この依頼を受けた瞬間から、導入チームのタスクは始まります。
    ユーザーとの打ち合わせ、実態調査を経て、必要なアクティビティを洗い出し、システムの導入から導入後サポートまで最短・最適な支援を行います。 IT資産管理システムは、管理対象と目的により、2つのサブシステムに大別されます。 ハードウエア全般の情報管理を担う「ハードウエア管理システム」。そして、各種ソフトウエアライセンス管理を担う「ライセンス管理システム」。 これらを組み合わせ、顧客ニーズに最適化した構成での導入を、ご提案しております。 そのために必要となるのが、顧客全体像を正しく把握する「正確性」です。
    ⇒ 導入アクティビティに求められるサービス - 「正確性」を提供しております。
  • 開発/維持改善チームの「生産性」 - 実行プロセス
    新たにシステム導入を決めた会社、既に導入運用されている会社。グループ内関連会社からは、より多くの付加価値を求め、システム改善要望を頂きます。 我々は優先度を決め、要件を定義し、ユーザーとの合意を得ます。次に、見積もり/WBS作成/スケジュール策定を経て、開発を行います。 これらのサイクルを迅速に回し、顧客ニーズに少しでも早くレスポンスを返す。そのためには、開発プロセスをより「無駄なく」「漏れなく」、徹底した効率化のもとで行う。そこで求められるのが、「生産性」です。 もちろんそれは、「Q:品質」「C:コスト」「D:納期」に裏付けられたものである必要があります。 プロジェクトマネージャ/リーダー、またシステムアーキテクトのプロとして、常に開発プロセスに対する改善を意識し、生産性向上に努め、顧客に還元 する。必要であると判断すれば、XP等のアジャイル開発、ドメイン駆動、テスト駆動といった手法も取り入れ、臨機応変に動ける「強いチーム」を目指す。
    ⇒ 開発/維持改善アクティビティに求められるサービス - 「生産性」を提供しております。
  • 運用チームの「迅速性」 - 監視プロセス
    運用チームはIT資産管理システムを支える、「監視役」です。 顧客からの業務問い合わせに対応する。システムが正常に稼動しているか監視し、可用性向上に努める。システム基盤が十分な堅牢性を保持 しているか把握し、キャパシティプランニングを行う。また、定型業務として、マスタデータの最適化や、顧客への帳票配布等のタスクもあります。 さらに、システム障害発生時には、原因と対策を見極め、BCP(事業継続計画)の精度を高める。 運用チームは「業務」に対する深い知識だけでなく、「システムアーキテクチャ」に対する知識、及び、問題解決能力が必要とされます。 これらのサービスレベルを維持するために求められるもの - それは、何よりも 「迅速性」です。
    ⇒ 運用アクティビティに求められるサービス - 「迅速性」を提供しております。
  • バックオフィスの「信頼性」 - コントロールプロセス
    各チームからの報告を受け、PDCAサイクルが適切に行われているかを判断する。 現場で解決できない、問題や課題が発生した場合には、現場にて指揮を行いチーム一丸となり解決することで、顧客の信頼維持に努める。 バックオフィスによる強力なマネジメント体制が確立している事で、現場は安心して、個々の業務を推進する事が出来ます。
    ⇒ バックオフィスに求められるサービス - 「信頼性」を提供しております。

【体制】

画面表示および帳票印刷

成果

  • 導入実績率の向上
    導入実績の向上に伴い、エンドユーザー様グループ関連会社内におけるIT資産管理システムの「デファクトスタンダード」として認知されております。
  • 業務効率及び管理精度の向上
    複雑多岐かつ、膨大なIT資産に対する、正確な照合及び棚卸是正処理により、担当者様の負荷を大幅に軽減することができました。
  • 開発プロセス合理化による品質向上とコスト削減
    開発プロセスを随時見直すことで品質の向上とコスト削減を実現しました。

Copyright