企業情報

HOME > 企業情報 > 沿革

沿革

1996年(平成8年)8月8日社会に評価される会社を創ることを目標に設立
1997年4月本格事業開始、60名の体制で単月黒字スタート
11月米国に海外拠点設置
1999年5月米国シアトルに現地法人(Vital USA, Inc.)設立
2001年3月米国TALISMA社(現CampusManagement社)と業務提携
2005年4月プライバシーマーク認定
2007年4月一般労働者派遣事業許可
2009年11月ウェブナビゲーションをリリース
2010年6月ビジネスチャットシステム「チャット de ナビ」をリリース
2011年9月飲食店検索サイト「呼び.COM(よびこむ)」のサービスを開始
2012年3月MCPC(モバイルコンピューティング推進コンソーシアム)に入会
7月スマートフォンアプリ「教えて北さん」リリース
2013年3月大阪府立大学との共同開発健康生活支援ツール「自採えっと」をプレスリリース
6月一般財団法人関西情報センター(KIIS)が受託した
「経済産業省地域新産業戦略推進事業関西スマートヘルスケア産業創出促進事業」に
過去実績を評価され選定される
6月某ニュータウン内のNPO法人や社会福祉法人と共に
「スマートヘルスケアシティ実現に向けた高齢者向け見守り支援事業ビジネスモデル研究会」
として事業化を検討
9月運転代行サービス「よんデコきたさん」のサイトを公開
2014年4月YouTubeに「きたさん動画」を公開
4月大阪市立大学大学院工学研究科と共同研究契約を締結し
見守り支援事業のコア技術であるセンサーネットワークの研究開発を実施
12月開発した試作機を使い某ニュータウン市街地で現地技術試験を実施
2015年3月きたさんLINEスタンプ販売開始
8月業務拡張のため本社・東京オフィスを移転
10月大阪市立大学と共同開発した「地域自律型ワイヤレスネットワーク」を高齢者見守りに
適用した事例についてプレスリリース
2016年8月創立20周年
2017年4月ニューラルネットワーク研究開発本部を設立し
R&D課にてAI・ニューラルネットワーク技術を中心とした研究開発を開始
10月品質と開発速度を向上する自社プロセス「VIアジャイル開発標準」に対応する
高度なIT人材の育成を推進するため、社内で施行していた『プロジェクト手法研修』に
ついての初回の認定試験を実施し、「VIアジャイル開発標準:メンバー」として
15名を認定
2018年7月業務拡張のため大阪オフィスを移転しました。

上に戻る